Spicy Korea
スパイシーメニュー

韓国では名前を呼ぶときに普通はフルネームか名前を呼びます。日本のように苗字で呼ぶと同じ人がとても多く間違えてしまうからです。

日本の「さん」は韓国語で「シ」、「さま」は韓国語で「二ム」です。友だちや年下の人を呼ぶときは名前の後に「ア」「ヤ」「イ」などをつけて呼ぶことが多いです。

どの言葉をつけるかは、最後にくる母音や子音によって変ってきます。韓国のドラマを見ていても例えば「ジウン」という名前なのに人から呼ばれるときに「ジウナ」と聞こえることがあると思います。
これはJIUN+AをつけてJIUNA(ジウナ)となるのです。
親しみを込めた呼び方ですね。

他に女性が年上の女性を呼ぶとき「オンニ」、年上の男性を呼ぶとき「オッパ」男性が年上の女性を呼ぶとき「ヌナ」、年上の男性を呼ぶとき「ヒョン」と言います。それぞれ呼び方は違います。

全部オンニやヌナでは誰を呼んでいるかわからないときがありますからそんなときは名前を前につけて「ジウンオンニ」「ジウンヌナ」などと呼びます。「オンニ」「ヌナ」はお姉さんという意味で、「オッパ」「ヒョン」はお兄さんという意味です。

女性は自分より年上で親しい男性を全員「オッパ」と言いますので時々戸惑うこともあります。今話しに出たのは本当のお兄さん?それとも親戚のお兄さん?誰にでも「オッパ」なので随分兄弟のお兄さんが多いんだな、と思うと知り合いのお兄さんだったり。

恋人も「オッパ」というのでわからなくなるときがあります。この呼び方も親しみを込めた呼び方なので、「さん」と言われるより「オンニ」「ヌナ」と呼ばれるとうれしい感じがしますね。

【オススメ】今一番話題のお得な韓国旅行のサイトはここです♪