Spicy Korea
スパイシーメニュー

日本と韓国では携帯電話の使い方も異なります。とにかく韓国では携帯電話で話をすることが好きです。地下鉄の中でも仕事中でも悪びれた様子もなく電話がかかってきたり話したりします。

日本では仕事中に私用の電話は避けたいもの。なのでメールで用件を話し、時間のあるときに返事をするのがよく使う方法だと思います。

メールならどんなときに送っても相手が時間のあるときに見てもらえるように忙しいときに連絡するのは申し訳ないのでメールで連絡しよう。という配慮の気持ちが日本人には少なくともあると思います。

しかし韓国ではメールより電話が普通。
しかもどんなときでもかかってきます。

急用でないことも、仕事中に電話がかかってきたり・・・韓国では普通のようです。

韓国のメール機能はショートメールのようなものであまり文字数も入力できないので電話で話したほうが早いという気持ちがあるのだと思います。

そして日本人がメールをした場合、急用でない限りすぐにメールの返事を求めたりしないと思います。相手に負担をかけないためのメール。

時間のあるときに返事をもらえればいいという気持ちが大きいと思います。しかし、韓国ではメールをしたらすぐに返事をしないと「何かあったのか?」など気になるといいます。

それは恋人同士でない場合もそのようです。
以前、携帯にメールが来て、仕事中だったのですぐに返事ができませんでした。

するとそのあと連打のように4通のメールが送られてきました。取り立てて急用でもなくただの世間話なのに・・・そのあと電話までかかってきて、どうしても電話にでられなく、仕事終了後に謝罪のメールをしたらその返事には「誠意がない」と言う言葉が・・・
この言葉にはびっくりです。

仕事中で忙しい時に、他愛もないメールの返事をすぐにしなければいけないのか?

日本人のわたしには全く理解できませんでした。これは極端な例だと思いますが、韓国の人は比較的このようにせっかちな人が多いのです。メールもすぐに返事を返すことを普通と思っている人が結構いるようです。

携帯電話に対する考え方も違うと認識させられた出来事でした。

【オススメ】今一番話題のお得な韓国旅行のサイトはここです♪