Spicy Korea
韓国生活情報

日本と韓国の家賃の払い方には大きな違いがあります。
日本の場合、敷金や礼金を払うのが普通となっていますが韓国の場合、チョンセとウォルセという2つの支払い方法があります。

チョンセは家賃を一括で支払います。その金額もいろいろですが日本円で数千万円というところでしょうか?
そのお金は大家さんに預け、大家さんは銀行に預けます。

最初に払ったお金は、引越しをするときに全額戻ってきます。大家さんはどこで家賃収入を得ているかというと銀行に預けた利子です。この利子は大家さんのものになります。

しかし引越しをしたいからと言ってすぐにできるわけではないのです。次の住人が決まらないと出ていくことができないのです。

ここも大家さんの家賃収入が途絶えないようになっているシステムです。もうひとつのウォルセは毎月家賃を払う制度です。
保証金が必要で500万ウォンくらいから設定ができますが、通常は1000万ウォンくらいです。

保証金を多く払うと毎月の家賃を安くしてもらうこともできます。
ここは交渉次第ですね。

この保証金も引越しをする時に全額戻ってきます。他に毎月の管理費を別に支払います。

その管理費は住居によってさまざまですがワンルームですと5万ウォン前後。オフィステルですともう少し高いです。

韓国では引越しをするとき以前使用していた人が部屋をきれいにしてから引き渡すのではなく次に入居する人がお金を払い掃除をしてもらいます。
もちろん必要ない場合はお願いしなくてもいいですが、結構汚いまま引っ越してしまうのです。そんな時お願いするときれいに掃除をしてくれます。

費用は5万ウォン前後です。家を借りる時も日本と韓国では全く制度が違うので戸惑いが多いと思います。
しっかり調べて準備をし、いろいろ相談してみるとよいと思いますよ。

【オススメ】今一番話題のお得な韓国旅行のサイトはここです♪