Spicy Korea
スパイシートラベル

2001年に仁川国際空港が開港する前までは金浦国際空港が国際線の発着を行っていました。
現在国際線は全て仁川国際空港に移行し、金浦国際空港は国内線を主としたターミナルになっていますが定期チャーター便の発着は今でも行っています。

日本と韓国間の旅行者も増えたことで2003年11月から日本の羽田空港と金浦国際空港間で定期チャーター便の運行が始まりました。
就航している航空会社は日本航空、全日本空輸、大韓航空、アシアナ航空の4社再び国際線として運行を始めました。

2007年10月からは中国の上海虹橋航空との間で大韓航空、アシアナ航空、中国東方航空、上海航空の4社が定期チャーター便を運行し始めました。

ターミナルは国内線と国際線に分かれており国際線はすごく狭く出発ロビーと到着ロビーが同じ階にあります。
チケットカウンターも閑散としていて寂しい感じです。

税関を通り搭乗ゲートまで行くと小さい免税店はありますが、品数も少なく仁川国際空港に比べたら本当にこじんまりしています。
Cafeや本屋もありますが小さく、ゲートも静かです。

小さい免税店やcafeでも乗客が少ないのでそれほど混んでいることもなくゆっくり過ごせます。
ただ空港で免税品を買おうと思っている場合は品数が少なくてがっかりすると思いますので気をつけてくださいね。

【オススメ】今一番話題のお得な韓国旅行のサイトはここです♪